体内時計 治し方

 

体内時計とはその名の通り、自分の身体内で昼か夜かを身体が

 

意識とは別に判断して、自然と昼は身体を活発に動かしたり、夜は段々と

 

眠くしたり、バランスをとってくれています。

 

ですので、1日の生活リズムや身体の体調をバランスよく維持する上ではかなり大切な

 

ことで、これが崩れると生活自体が上手くいかなく恐れが凄く高い重要なことです。

 

しかし、現代ではこの体内時計が非常に崩れやすい環境です。

 

働き方も変わってきたせいか、そのような自体が起きやすいとされています。

 

では体内時計についてとその治し方を以下に書いていきます。

 

体内時計とは何?

 

通常ワタシたちは1日を24時間と計算して、過ごしています。

 

その24時間で過ごす言い方を体内時計で比較すると概日リズムといいます。

 

そして、概日リズムを24時間とすると実は体内時計は25時間になるといわれています。

 

 

それをワタシたちは概日リズムとの誤差1時間を無意識に調整しながら生活しています。

 

そして、その調整をするのに適した時間が早朝。

 

もっと、わかりやすく言うと朝の太陽の光で改善を図っています。

 

ですので、太陽の光は睡眠にとても密接であり、睡眠のバランスを取るにはかかせない

 

存在になるわけです。

 

 

つまり、この太陽の光で体内時計のバランスをとっていかないと、1日に1時間ずつ

 

自分の意識とは知らない間にどんどんずれていってしまいます。

 

これが原因で不眠症や睡眠障害を引き起こすケースがあるのです。

 

 

ちなみに、この体内時計を司るのは脳内の視交叉上核と呼ばれる部分です。

 

体内時計は、血圧やホルモン分泌、自律神経などにも深く関わっているためとても重要です。

 

 

体内時計の治し方

 

先ほど述べたように、太陽の光がとても重要な要素になってきます。

 

ですので、普段の生活で朝目覚めるときには太陽の光を意識的にとるように心掛けないと

 

段々と体内時計が狂ってきます。

 

 

もし、太陽の光を浴びるのが難しい環境や家の場所の事情で取りづらい人は

 

光目覚まし時計のintiをお試しください。

 

こちらは太陽の光にとても近い光量で朝目覚めるための時計です。

 

ご興味ありましたら一度ごらんください。

 

 

トップページへ