低血圧 朝起きれない 光目覚まし時計inti

低血圧は朝の目覚めが悪いのにはわけがあった!

 

低血圧の人が朝が弱い理由はズバリ、血流が遅いということが原因です。

 

朝の目覚めが悪いのはシンプルに血流が遅いというのはいわゆるパワー不足ということ。

 

これが原因で下記のような症状があると言われています。

 

 

・食後低血圧
・心臓疾患
・パーキンソン病
・起立性低血圧
・二次性低血圧

 

この辺は低血圧の人なら実感されることは多いんではないでしょうか?

 

そして、目覚めてもエンジンがかかり始めるのは大体2〜3時間後くらいが多いと思います。

 

これに比べて、朝が強い人で高血圧のタイプの人は「ムクっ」とすぐに起き上がれます。

 

 

これに関しては体質なので中々治りにくいことと、治っても時間がかかるというのが大きな特徴です。

 

そして、この事が原因で遅刻や朝元気がでなく、体調が優れなかったり、気合が入らなかったりと

 

生活していくには少し不便なことがある人が多くいるように思えます。

 

だからといって、ムリに起き上がろうとすると立ちくらみや目眩がするので厄介な問題でもあると思います。

 

何か改善策はないのか?

 

この改善策というと、寝るのを早くして目覚めるのを早める

 

これが一番の解決策かと思います。

 

ワタシの経験談からしても、起き上がる1時間前には目を覚ましておいてそこから徐々に起き上がるようにしています。

 

この記事は朝が強い人からすると「大げさだな。気合が足りないだけだよ。」と感じる人も中にはいるかもしれません。

 

 

しかし、本当に朝が弱い人は冗談ではなくホントのことのはず。

 

低血圧の人は体質であり、アトピーや花粉症と似ていて「なってみないとわからない」ということが強く言えることだと

 

ワタシは感じます。ですので、一番の得策は睡眠時間を長く取ること。

 

そして、長い年月をかけるつもりで少しずつ健康的な身体を作ることが大事だと思えます。

 

千里の道も一歩からのつもりで少しずつ改善していきましょう。

 

 

>>朝目覚めが悪い人のための ”新感覚 目覚まし時計” のレビュー<<