起立性低血圧 貧血 朝 立ちくらみ


脳の自律神経の乱れからなるのが、「起立性低血圧」と呼ばれています。
この症状は朝目が醒め、スッと起き上がろうするクラクラする状態のことです。

 

ワタシの場合は立ち上がる手前の起きて座っている状態でも頭が毎回
クラッとしていました。やはり低血圧の人はこの辺が非常にデリケートな問題であり、
なった人でないとわからない悩みであります。

 

起立性低血圧の一般的に言われる改善法

この問題でいろんな意見としては、ストレスや生活習慣、食生活、寝る時間帯を
調整、ランニングなど数多く解決策の情報はあります。

 

これらは確かに効果はあると思います。
しかし、反面一時的でもあると個人的に思います。

 

その理由としては、自分自身がそう感じたからです。

 

低血圧の原因ってほぼ体質であります。
それも先天性なものだと思います。

 

こういったことを解決ましてや治すというのは、文面で書いてある以上に難しく
かなりの努力が必要になると思います。

 

それも数年単位でないとダメなんじゃないかな?って思います。
ただワタシの場合は低血圧の一般的なボーダーラインに達するまで
10年くらいかかってます。

 

なので、こういった問題を取り上げる記事は”理屈”でしかないなと判断しています。

 

起立性低血圧での朝目覚めやすい時計


低血圧でも目覚めやすい時計としてはこちらがNO1におススメです。
その理由は「光によって目覚めることができるから」
この一点です。

 

ワタシの場合は「音で目覚めるというのが非常にストレス」になります。
先ほど低血圧と凄く密接な関係にある自律神経の原因にも挙げられている
ストレスですが、それに当たる気がします。

 

ほかにもワタシ自身、「大きな音」「声が大きくうるさい人」が非常に苦手で苦痛です。

 

しかし、この時計を使用してみると、ストレスが全くありません。
その理由というのは光の照明の度合のルクスがポイントですが、
人がストレスを感じずにスッと目覚める、太陽の光を意識した製品作りになっているためです。

 

そのため、脳内でもストレスがなく自然に目覚めることができるので、
神経を高ぶらせたり、イライラが消え血圧がリラックスした流れになる
ためではないかと感じます。

 

名前は光目覚まし時計inti

こちらの名称は「inti」になります。
開発者がそもそも「眠りに悩んだ人」ということもあり情熱が高い製品です。

 

ただこれの注意点は思ったよりもちっちゃいです(笑)
イメージはタブレット。あんな感じです。

 

なので、最初不信感を抱くかもしれませんが、光の照明度など
性能は全く問題ないです。

 

あと使うときのポイントは絶対に寝る前に光をほとんど遮断させるように
気をつけたほうが良いです。
じゃないと効果が薄まります。
その点は注意点ですね。

 

あと値段は3万円ほどなので高いです。
これは一生ものと捉えるか、朝ホントに起きれなくてどうしても起きたい理由がある。
遅刻で困っている。など人それぞれの理由がある人は購入すべきだと思います。

 

ただ時間はお金。だいたい低血圧の人は朝起きるの1時間くらいは
頑張ってもかかると思います。
ワタシの場合は以前それぐらい必要で、休みは2時間は必要でした。

 

これが非常にもったいないって人生から見た視点で感じました。
なので、コレは人それぞれの価値観によると思います。

 

気持ち良い朝起き生活リズムへ


朝の始まりはその日の運勢を決める…
そんな気がします。
流れが悪い人というのは、そもそも朝を有効に使えず
その日のスケジュールのイメージができない状態でスタートするように思えます。

 

朝をスッと目覚めることによって、運命も少しずつ変わっていくんでは
ないかという希望もあるので、自分なりの朝の目覚め方は追及するべきかと思います。

 

光目覚まし時計詳細ページへ